5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

後輩「私とこの人」女「どっちが好き?」 [転載禁止]©2ch.net

1 :以下、転載禁止でVIPがお送りします:2015/07/07(火) 01:00:05.979 ID:KrEbJLW00
後輩「先輩!」

女「男君!」

男「…ええぇ?」

男「う〜んそうだな」

男「俺は…考えさせて欲しいな…」

後輩「そんなっ!」

女「後輩ちゃん私たちは待つしかないのよ…」

後輩「…っしかたないですね」

後輩「早くしてくださいよね…先輩!」

女「いい返事期待してるわ」

男「(つーか、唐突すぎんだろ…)」

2 :以下、転載禁止でVIPがお送りします:2015/07/07(火) 01:00:56.981 ID:yp64BmD2d
女ってだれだよ

3 :以下、転載禁止でVIPがお送りします:2015/07/07(火) 01:01:15.192 ID:3HmjC42Za
男「男にしか興味ないんだけどな……」

4 :以下、転載禁止でVIPがお送りします:2015/07/07(火) 01:05:40.665 ID:KrEbJLW00
男「…さて、どうするか」

男「(俺は…どちらを選ぶべきかな…)」

男「つーか、どうすればいいんだ…俺は…」

男「ああ〜もうめんどくさいことになったな!!」

男「俺、あいつらに惚れられるようなことしてないと思うんだけどな…」

後輩家

後輩「(あ〜覚えてるかな〜先輩…)」

男「よお、後輩」

後輩「なんですか…」

男「いや、お前いじめられてるだろ」

後輩「…」

男「だからさ、俺がそいつら懲らしめてやるよ」

後輩「なんで…」

5 :以下、転載禁止でVIPがお送りします:2015/07/07(火) 01:10:21.317 ID:KrEbJLW00
男「ん?俺が好きですることだからさ」

後輩「(そのあと、私をいじめてる人が全員退学して…)」

後輩「(うれしかったのにな…)」

女家

女「…」

女「(男くん…)」

男「女、どうしたんだよ」

女「なにが?」

男「いや、すごい辛気臭い顔してるから…」

男「綺麗な顔が台無しだとおもうぜ?」

女「私が…綺麗?」

男「え、気づいてないの?お前超かわいいぜ?」

女「(綺麗…)」

男「じゃあな」

女「(…男君)」

6 :以下、転載禁止でVIPがお送りします:2015/07/07(火) 01:13:28.146 ID:KrEbJLW00
男「…俺は…あの二人に言わなきゃ…」

次の日放課後

男「決めたぜ…」

後輩「どちらですか!」

女「どっちかしら…」

男「…俺は」

男「俺が好きなのは…」

男「来てくれ…」

友「すまんな」

後輩「友さん?」

女「友?」

男「俺が好きなのはというか…付き合ってるのは友なんだ」

7 :以下、転載禁止でVIPがお送りします:2015/07/07(火) 01:14:54.145 ID:6xmbdnsj0
良しいいぞ

8 :以下、転載禁止でVIPがお送りします:2015/07/07(火) 01:15:45.719 ID:vOw9s3b10
ID 変わりましたが>>1です

新章は近々始めますが、それにあたって作者からお願いがあります。
といっても、単に「作品の連載中、読んでる人は随時コメントをして欲しい」という、それだけです。
連載が終わってから纏めて、とかではなくて、“連載中に”コメントが欲しいのです。

ここでもmixiのコミュニティでも再三言ってることですが、私はSSの作者として、
「SSとは読者とのインタラクションの中で作っていくものである」というポリシーを持っています。
つまり、読者からの声がなく、作者が淡々と書いて投下しているだけという状況では、全く意味がないということです。
それなら「書かない方がマシ」といっても大袈裟ではありません。

特にこの都道府県SSは、本来3年前に終わっている作品を、需要があると言われて新たに書き続けているものです。
投下しても1件2件しかコメントが付かないのでは、その「需要」があるのか否かさえ曖昧になります。

全ての読者にレスを求めるのは酷な事だと思いますが、出来る限り「ROM専」というのはやめて下さい。
少なくとも、一夜投下する度に10〜20件くらいのレスは付いてほしいです。
この数字は、私の考える、SSが正常に連載の体裁を保てる最低限度のレス数です。

連載を続けるにあたり、そのことだけは、皆さんにお願いします。

9 :以下、転載禁止でVIPがお送りします:2015/07/07(火) 01:18:16.903 ID:YbpN1mVp0
全員退学ってそれはそれは壮絶ないじめだったのだろうな

10 :以下、転載禁止でVIPがお送りします:2015/07/07(火) 01:19:15.484 ID:vOw9s3b10
で、無視……と。

このスレで連載する必要はもうなさそうですね。
以後はmixiとサイトだけでやっていきます。

11 :以下、転載禁止でVIPがお送りします:2015/07/07(火) 01:19:22.765 ID:KrEbJLW00
友「すまんな…二人とも」

後輩「ええぇぇ…」

女「ホモォ…」

女「(いや、それはそれでありかもしれない…)」

女「わかったわ…略奪は無理そうね…」

後輩「そうですね…」

男「すまんな…」

女「(これぞ、BLってやつね…)」

女「(最高じゃない!?)」

後輩「(なんか、女先輩ちょっと怖い…)」

12 :以下、転載禁止でVIPがお送りします:2015/07/07(火) 01:21:02.675 ID:M1CSfVjdx
                | │                   〈   !
                | |/ノ二__‐──ァ   ヽニニ二二二ヾ } ,'⌒ヽ
               /⌒!|  =彳o。ト ̄ヽ     '´ !o_シ`ヾ | i/ ヽ !
               ! ハ!|  ー─ '  i  !    `'   '' "   ||ヽ l |
_______∧,、_| | /ヽ!        |            |ヽ i !_ ______
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄'`'` ̄ ヽ {  |           !           |ノ  /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
               ヽ  |        _   ,、            ! , ′
                \ !         '-゙ ‐ ゙        レ'
                  `!                    /
                  ヽ     ゙  ̄   ̄ `     / |
                      |\      ー ─‐       , ′ !

13 :以下、転載禁止でVIPがお送りします:2015/07/07(火) 01:25:15.485 ID:KrEbJLW00
男「じゃあな、二人とも」

友「じゃあ、行くか男」

男「ああ」

後輩「…」

女「う〜ん…どうしようか…」

後輩「なにがですか?」

女「わたしたち…とりあえず家にくる?」

後輩「…はい」

女家

女「いや〜それにしても…私あんな風に振られての初めてだわ」

後輩「それは私もです」

14 :以下、転載禁止でVIPがお送りします:2015/07/07(火) 01:34:50.127 ID:KrEbJLW00
女「まあ、そもそもそこまで恋愛経験豊富ってわけでもないですし」

後輩「え、そうなんですか…」

後輩「経験豊富そうなのに…」

女「そう?」

後輩「でも、私も豊富じゃないからな〜」

一方その頃

男「友…」チュッ

友「男…」チュッ

男「俺はお前を愛してる…」

友「俺もだ」

男「さぁ、今日はここで…」

友「そうだな…」

女家

女「それで、私は思ったのよ…」

15 :以下、転載禁止でVIPがお送りします:2015/07/07(火) 01:40:38.413 ID:KrEbJLW00
後輩「そっか…」

女「で、どうする?今日は泊まる?」

後輩「はい…そうさせてください」

後輩「でも、振られたけど…ショックより…驚きのほうが大きいな…」

女「そうだね…」

16 :以下、転載禁止でVIPがお送りします:2015/07/07(火) 01:48:51.056 ID:KrEbJLW00
女「じゃあ、今日は振られた同士仲良くしようか」

後輩「そうですね…」

一方その頃

男「今日は…俺の番だ」

友「そうだな」

男「ハァ!」パンパンパンパン

友「アーーーッ」

女家

女「スゥー」zzz

後輩「…」zzz

次の日

男「よ、女」

女「ん?男君と友君」

女「おはよっ!」

17 :以下、転載禁止でVIPがお送りします:2015/07/07(火) 01:55:34.883 ID:KrEbJLW00
女「どうしたの?」

男「?」

女「なんか、疲れてるじゃない?」

男「ああ、昨日ちょっとな…」

友「まあな///」

女「(これは…やばいね)」

女「(あ、鼻血でそう…)」

男「どうした?」

女「あ、なんでもないよ」

後輩「女先輩〜」

女「あ、後輩ちゃん」

男「おお、仲良くなったんだな…」

女「まあね」

後輩「そうですね…」

18 :以下、転載禁止でVIPがお送りします:2015/07/07(火) 02:00:30.299 ID:KrEbJLW00
男「そうか…じゃあな」

友「そうだな…」

男「友、今日もどうだ」

友「そうだな」

後輩「…どうしたの?」

女「いや、今日はどうする?」

後輩「そうですね…じゃあ、今日も一緒に」

女「よしっわかったなにか今日買っていく?」

後輩「そうですね」

放課後

男「じゃあな、後輩、女」

後輩「バイバイ〜」

女「さようなら〜」

19 :以下、転載禁止でVIPがお送りします:2015/07/07(火) 02:09:32.572 ID:KrEbJLW00
友「今日もな」

男「あ、ああ」

男「じゃあ、今日は俺ん家?」

友「それでいいか?」

男「俺はかまわないけど」

男「じゃあ、行くか」

女「じゃあ、私たちはどうしようか」

後輩「そうですね…じゃあ、スーパーにでも寄ってなにか買います?」

女「それいいね」

後輩「じゃあ、行きますか」

一方その頃

男「なんで、俺たちついでみたいな感じなんだ…」

友「だれも望んでないからじゃない?」

男「なにをいう!ホモ嫌いなやつはいない!」

友「そうか?」

20 :以下、転載禁止でVIPがお送りします:2015/07/07(火) 02:14:21.678 ID:KrEbJLW00
女家

女「いやー買ったね」

後輩「そうですね?」

後輩「どうします?」

女「私たちも楽しむ?」

後輩「!?」

女「私実はどっちもいける口なのよ?」

後輩「ちょっ…」

女「ふふっ、冗談よ」

後輩「(本当に…冗談なのかな…)」

21 :以下、転載禁止でVIPがお送りします:2015/07/07(火) 02:17:32.816 ID:KrEbJLW00
女「…まあ、いいわ」

後輩「?」

女「私は…あなたのことも好きなのにな…」ボソッ

後輩「(今さらっと怖い事いってなかった?)」

女「もう、いいわ」

女「やっぱり私…」

後輩「!!」

女「あなたの」

後輩「やめっ///」

女「全部もらうから」

22 :以下、転載禁止でVIPがお送りします:2015/07/07(火) 02:17:48.157 ID:KrEbJLW00
終わり

23 :以下、転載禁止でVIPがお送りします:2015/07/07(火) 02:19:47.649 ID:XelmPPCB0
なにいってんだここまで書いたらちゃんと書こうたのむから書いて

24 :以下、転載禁止でVIPがお送りします:2015/07/07(火) 02:21:40.937 ID:ppYZ6r750
>>22
ふざけんなよ俺の息子やっと目覚めたのによ

11 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)